徳島ヴォルティス 2017新ユニフォーム ホーム

徳島ヴォルティスは昨季、長島裕明監督が就任。前半戦は苦戦を強いられたものの試合を重ねるごとに調子を上げ、最終的には9位でシーズンを終えた。

しかし、クラブは今オフの監督交代を決断。初の外国人指揮官としてスペイン人のリカルド・ロドリゲス監督を迎えている。

補強面ではFWニコラ・アシチェリッチ(ヴォイヴォディナ)、DFニコラ・ヴァシリェヴィッチ(パンドゥリー)と、190cm超の長身セルビア人選手を立て続けに獲得。また、FW杉本太郎(鹿島)、MF松村亮(神戸)というU-18年代で実績を残した2人の小柄なアタッカーが期限付き移籍で加入している。

Tokushima Vortis 2017 Mizuno Home

徳島ヴォルティス 新ユニフォーム

徳島の2017シーズンに向けた新ユニフォームは、クラブ初の完全オリジナルデザイン(※これまではMizunoの汎用的なデザインを使用)。

ヴォルティスというクラブ名の由来である「」を強調し、スローガンとともにユニフォームにも勢いある「渦」を全面に表現することで、「渦」のように勢いを持って力強く勝利を求めて戦う姿勢を示している。

徳島ヴォルティス 新ユニフォーム

背面、さらにはパンツにも「渦」!

徳島ヴォルティス 新ユニフォーム

ホーム(1st)のカラーリングは、クラブの象徴であるエンブレムのカラーを新たにユニフォーム全体で表現。

全体の青が吉野川、後ろ襟の緑が眉山、シャツ両脇からパンツ・ソックスにかけての緑は吉野川に映る眉山を表し、胸元の襟の赤でVORTISの頭文字であり、力強く戦い勝利を掴むという意味を込めた“V”を表現している。

FC岐阜 2018新ユニフォーム ホーム

FC岐阜は2017シーズン、過去にヴァンフォーレ甲府や京都サンガなどで実績を残した大木武監督を招聘。

大木監督らしい細かいパスを繋ぐ独特の攻撃サッカーで開幕から話題を呼び、名古屋グランパスとの名岐ダービーではクラブ史上最多となる17,027人の動員を記録。失点の多さから順位は18位に終わったものの(それでも前季より順位を2つUP)、印象に残る一年を過ごした。

引き続き指揮を執る大木監督のもと、さらなる飛躍を目指す彼らが、2018シーズンに向けた新ユニフォームが発表した。

FC Gifu 2018 New Balance Home

FC岐阜 2018新ユニフォーム

2年目のNew Balanceによる岐阜の新しいホーム(1st)ユニフォーム、そのテーマは『豊かな自然とFootBallの調和』。

岐阜県の特色である、北アルプスをはじめとした雄大な山々と濃尾平野の豊かな平地。その力強さと清々しい新緑を、緑のボーダー柄で表現している。

FC岐阜 2018新ユニフォーム

チームには力強いプレーと清々しいスポーツマンシップで1年間を通して戦ってほしいという願いが込められたデザインだ。

京都サンガF.C. 2017 ユニフォーム

2015シーズンにJ2でクラブワーストの17位に沈んだ京都サンガF.C.。石丸清隆体制2年目で迎えた昨季は巻き返しに成功し、5位でJ1昇格プレーオフへ進出した。

結局プレーオフ準決勝でセレッソ大阪に引き分け、リーグ戦で順位が下だったため敗退を余儀なくされたものの、駒井(浦和)や原川(川崎)、宮吉(広島)などユース出身選手の移籍が目立ったシーズンでポジティブな印象を残している。

今季は柏レイソルの前ヘッドコーチである布部陽功氏が監督に就任。DF田中マルクス闘莉王(名古屋)、FW大黒将志(山形から復帰)という元日本代表に加え、192cmのFWケヴィン・オリス(仁川ユナイテッド)、さらにはFW小屋松知哉(名古屋)、MF仙頭啓矢(東洋大学)、U-19日本代表FW岩崎悠人ら“京都橘組”がチームに加わっている。

 

京都の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、ホーム(1st)は紫と赤の交錯する線により、京都を代表する街並みのひとつ「碁盤の目」を表現。エンブレムから流れる深い紫のタスキは真っすぐな道を表し、険しく厳しい道のりであったとしても、紫の力を集結しJ1昇格へと導く道しるべとなるようにとの思いが込められている。

紫のタスキは「紫魂」、赤のラインは「鳳凰の力強さ」の意味もあるとのこと。

Kyoto Sanga 2017 Wacoal Away

アウェイ(2nd)は白を基調としたデザイン。ホームと同じテンプレートで、紫のタスキが印象的だ。

なお、Wacoal(ワコール)製のユニフォームは素材・仕様においても、京都の伝統工芸品のごとく徹底的にこだわり、これまで以上の「極み」の軽量化を実現している。

鹿島アントラーズ ユニフォーム激安通贩

鹿島アントラーズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

メーカーカラー:レッド*ブルー

シーズン:2017 素材:ポリエステル100%

商品詳細:
鹿島アントラーズは、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

商品特徴:
1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
2.エンプレムはプリントです。
3.素材には伸縮性に優れた素材を採用。
4.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。

ツエーゲン金沢 激安通贩

ツエーゲン金沢​ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

メーカーカラー:レッド

シーズン:2017

素材:ポリエステル100%

商品詳細:

ツエーゲン金沢 (ツエーゲンかなざわ)は、日本の金沢市、野々市市、かほく市、津幡町、内灘町を中心に石川県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。
商品特徴:
1.吸水速乾メッシュ素材を利用し、Y脇下に通気ネットがあります。
2.丁寧な縫製で、運動時の機能性を考慮して作られています。
3.高いクーリング性能を実現しています。

福島ユナイテッド ユニフォーム 激安通贩

メーカーカラー:レッド    メーカー:hummel/ヒュンメル

シーズン:2017     素材:ポリエステル100%

商品詳細:

福島ユナイテッドFCは、日本の福島市・会津若松市を中心とする福島県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するサッカークラブ。

商品特徴:

1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

2.右袖には「明治安田生命J3リーグ」エンブレムをプリント。

3.メーカーは刺繍です。

愛媛FC ユニフォーム 激安通贩

メーカーカラー:オレンジ    メーカー:MIZUNO/ミズノ

シーズン:17    素材:ポリエステル100%

商品詳細:

愛媛FCは、日本の松山市を中心とする愛媛県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

商品特徴:

1.弾ける「フレッシュさ」や「楽しさ」を想像させる愛媛の特産物「伊予柑」をデザインモチーフに採用。

2.カラーにはチームカラーであるオレンジをベースに静かで落ち着きを感じさせる瀬戸内海をイメージしたネイビーを採用。

3.サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

4.右袖には「明治安田生命Jリーグ」エンブレムをデザイン。

5.右袖のスポンサーロゴは織りワッペン縫い付け。その他メーカーロゴ、クラブエンブレムなどはすべて昇華プリント。

横浜F マリノス ユニフォーム 激安通贩

メーカーカラー:レッド    メーカー:adidas/アディダス

シーズン:17    素材:ポリエステル100%

商品詳細:

横浜F・マリノスは、日本の神奈川県横浜市 および横須賀市 、大和市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

商品特徴:

1.脇下に、通気ネックがあります。

2.サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

3.軽量ポリエステル糸を使用し、古いデザイン対比で10%軽量化したデザインです。

モンテデイオ山形 ユニフォーム 激安通贩

メーカーカラー:グレー     メーカー:new balance/ニューバランス

シーズン:17    素材:ポリエステル100%

商品詳細:

モンテディオ山形は、日本の山形市、天童市、鶴岡市を中心とする山形県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

商品特徴:

1.協会エンブレムはワップン圧着です。

2.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。

3.メーカーロゴは刺繍です。