ハリル監督、Jリーグ選手たちに奮起を促す「自分を見せる素晴らしい機会」

「Jリーグの選手にとっては、自分を見せる素晴らしい機会です」

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、メンバー発表会見の冒頭で、こう語り始めた。

日本サッカー協会(JFA)は29日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会に臨む日本代表メンバーを発表した。

12月9日からスタートするE-1サッカー選手権には、浦和レッズがクラブ・ワールドカップに参加するため、また山口蛍(C大阪)が直前で負傷離脱したため、参加できない。まずはACLチャンピオンズリーグで優勝した浦和の選手たちを讃えたハリルホジッチ監督だが、直前で招集メンバーの変更があったことを嘆いている。

 「浦和の選手が呼べないことは残念ですが、スタッフすべてを代表して、おめでとうと伝えたいですね。山口もケガしてしまったので、作成したリストは直前に変わりました」

そして、今大会は「Jリーグの選手にとっては、自分を見せる素晴らしい機会です。そういった意味で、意欲的にやる気を出してくれるでしょう」と、初招集メンバーや代表経験の浅い選手たちに奮起を促している。

そして、「目標はもちろん優勝」としつつ、来年のロシア・ワールドカップ直前の大会で成功することが重要であると意気込んだ。

「ホームで戦う今回の目標は、もちろん優勝です。他の国はフル代表でくるでしょう。決断力を持って意欲的に戦って欲しいです。W杯に向けて最後のテストになる。全員に良い形で意欲的にプレーしてもらいたいですね。優勝を目指して努力しなければいけません」