SAMURAI BLUE、ウクライナ戦へ向け練習

SAMURAI BLUE、ウクライナ戦へ向け練習

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月24日(土)、ベルギーのリエージュで行なったマリ代表との国際親善試合から一夜明けて、27日(火)に控えるキリンチャレンジカップ2018 in EUROPEのウクライナ代表戦へ向けて、リエージュ郊外で練習しました。

前日の暗い冬空から一転、春らしい柔らかな陽射しを受けて、練習はピッチ中央でのミーティングでスタート。前日、マリ代表と1-1で引き分けた後、同日夜のフランス対コロンビア戦を視察してきたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「ワールドカップまでに日数がないが、やるべきことは山積している。日本人として何が強みなのか、自分たちがしっかり理解する必要がある」と選手たちに身振り手振りを交えて、熱く語りかけました。

練習は、マリ代表戦に先発した選手たちと、交代出場で終了間際に同点ゴールを決めたMF中島翔哉選手(ポルティモネンセSC)をはじめとする控え組の二手に分かれて行ないました。

先発組はランニングやストレッチ、体幹トレーニングなど軽めの内容でリカバリーに努めましたが、控え組の選手たちはGKを付けた狭いエリアで、1対1から5対5までチームの人数を変えながら対人練習に取り組みました。

しかし、マリ戦で左ふくらはぎに違和感を覚えて負傷交代したMF大島僚太選手(川崎フロンターレ)は病院での検査のために練習場には姿を見せず、DF宇賀神友弥選手(浦和レッズ)は右ひざに痛みを訴えて別メニュー調整でした。一方、DF遠藤航手(浦和レッズ)は全体練習に部分的に合流。自分の状態を確かめるように、走りのトレーニングで調整に励んでいました。

DF槙野智章選手(浦和レッズは)は、「次のウクライナ戦へ、今回出た課題や成果をチームでフィードバックして、しっかりと整理しなくてはいけない」と話し、FW大迫勇也選手(1.FCケルン)も「この1試合を戦ったことで次の試合は良くならないといけないし、良くなると思う」と語りました。

また、この日はブリュッセルの日本人学校の生徒82人とその家族が練習見学に訪れ、子供たちは練習前にグラウンドで選手やコーチングスタッフらと一緒に記念撮影。練習が始まると選手からもらった記念のペナントを手に、スタンドからお目当ての選手の動きを目で追い、ミニゲームで選手がゴールを決めると、拍手が起こっていました。

選手コメント

DF #20 槙野智章 選手(浦和レッズ)
昨日の試合は勝って結果を出したかったですし、出さなければいけなかったと思います。いかにチームがまとまって、攻撃でも守備でも意思の疎通を図れるかが、いま自分たちに求められるところの一つかなと思います。チームの規律の中でやらなくてはいけないことは、大事にしなくてはならないですが、いい意味で監督を裏切らなくてはいけない。その点、中島選手のドリブルやゴールへ向かう姿勢は、今までなかったものだと思いました。

MF #10 森岡亮太 選手(アンデルレヒト)
もう少しチャンスを作りたかったですし、もう少しゴール前に顔を出して際どい場面を増やせたらよかったと思います。

MF #16 山口蛍 選手(セレッソ大阪)
昨日の試合ではどこでボールを獲りに行くのか、どういう風に限定していくのか、それができていなかったと思います。疑問を持ちながらやっていて、多分一人ひとりが違う考えを持ちながらやっていた。それがうまくいかなかった一番の原因かと思っています。もう少し自分たちがボールを持った時にゆっくりした時間を作れれば、ピッチの中での会話も増えてくるので、修正はそういうところじゃないかと思っています。

FW #8 原口元気 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
昨日は自分が出たら、ボールを持ったら推進力を出したかったし、裏を取れるときは取りたいと思って見ていました。一枚一枚が剥がされていたので、そこで獲ったり、2人で取り囲んだりするシーンが増えれば自然と攻撃はいいものが出ると思います。(修正は)攻撃より守備だと思います。強い相手に対して自分たちが今できる最善の、ポイント(勝点)を取れる策を考えなくてはいけない。本当にしっかりと現実を見てやらなくてはいけない部分はあると思います。

FW #15 大迫勇也 選手(1.FCケルン)
先制点を獲れなかったのもだめだったし、獲られたのもだめでした。アフリカ系の相手に先制されると改めてきついなと思いました。裏を狙うのはもちろんですが、そこで1本2本揺さぶるパスが大事になります。そこで食いつかせることが裏の意識を引き立たせます。そのイメージの共有だけでもあればよかったのですが、新しい選手も多かったので…。この1試合を戦ったことで次の試合は良くならないといけないですし、良くなると思います。整理して次の試合に臨むことが大事だと思いました。

  • 原口元気 選手 (フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ) インタビュー
  • 大迫勇也 選手 (1.FCケルン/ドイツ) インタビュー
  • 中島翔哉 選手 (ポルティモネンセSC/ポルトガル) インタビュー

スケジュール

3月19日(月) PM トレーニング
3月20日(火) PM トレーニング
3月21日(水) PM トレーニング
3月22日(木) PM 公式練習
3月23日(金) 1-1 国際親善試合 vs マリ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)
3月24日(土) AM トレーニング
3月25日(日) PM トレーニング
3月26日(月) PM 公式練習
3月27日(火) 14:20 キリンチャレンジカップ 2018 in EUROPE
vs ウクライナ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

SAMURAI BLUE vs ウクライナ代表
2018/3/27(火) 現地時間 14:20 (日本時間 21:20) キックオフ(予定)
ベルギー/スタッド・モーリス・デュフラン

日本とW杯で戦うコロンビア、なんとフランス代表撃破!「73年ぶり」の衝撃

各地で行われた代表マッチ。日本とワールドカップで戦うコロンビア代表は敵地に乗り込み、フランスとの親善試合に臨んだ。

スタッド・ド・フランスでの一戦はフランスが2点を先取するも、その後コロンビアが3点を奪取。2-3で逆転勝ちを収めるまさかの結果となった。

 11分 オリヴィエ・ジルー(フランス)1-0
26分 トマ・レマール(フランス)2-0

28分 ルイス・ムリエル(コロンビア)2-1

62分 ラダメル・ファルカオ(コロンビア)2-2

85分 フアン・キンテーロ(コロンビア)2-3

Optaによれば、フランス代表が2点リードから敗れるのは、1945年以来73年ぶりのことだそう。

ディディエ・デシャン監督は「後半は決断力と惜しみなさを欠いた」として、コロンビアに苦しめられたと吐露していた。

 

ハリル監督、Jリーグ選手たちに奮起を促す「自分を見せる素晴らしい機会」

「Jリーグの選手にとっては、自分を見せる素晴らしい機会です」

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、メンバー発表会見の冒頭で、こう語り始めた。

日本サッカー協会(JFA)は29日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会に臨む日本代表メンバーを発表した。

12月9日からスタートするE-1サッカー選手権には、浦和レッズがクラブ・ワールドカップに参加するため、また山口蛍(C大阪)が直前で負傷離脱したため、参加できない。まずはACLチャンピオンズリーグで優勝した浦和の選手たちを讃えたハリルホジッチ監督だが、直前で招集メンバーの変更があったことを嘆いている。

 「浦和の選手が呼べないことは残念ですが、スタッフすべてを代表して、おめでとうと伝えたいですね。山口もケガしてしまったので、作成したリストは直前に変わりました」

そして、今大会は「Jリーグの選手にとっては、自分を見せる素晴らしい機会です。そういった意味で、意欲的にやる気を出してくれるでしょう」と、初招集メンバーや代表経験の浅い選手たちに奮起を促している。

そして、「目標はもちろん優勝」としつつ、来年のロシア・ワールドカップ直前の大会で成功することが重要であると意気込んだ。

「ホームで戦う今回の目標は、もちろん優勝です。他の国はフル代表でくるでしょう。決断力を持って意欲的に戦って欲しいです。W杯に向けて最後のテストになる。全員に良い形で意欲的にプレーしてもらいたいですね。優勝を目指して努力しなければいけません」

北朝鮮に辛勝も日本代表DF昌子源「結果ゼロというのは大きな数字」と無失点に胸を張る

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールで1-0と日本が辛くも勝利を収めた。試合後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)が苦しんでもぎ取った勝利を振り返った。

試合中、北朝鮮代表は徹底的に引いて守り、ロングボールでのカウンターを狙い続けた。昌子は「あそこまで徹底されると、言い方は悪いですけど、そこまで強くない相手が強くなるサッカーだと思うんですよ。僕らもずっと一緒にやってきたメンバーじゃない中で、今日は(中村)航輔がすごいビッグセーブで防いでくれて。ピンチもあったけど、結果ゼロというのは大きな数字だったなと思います」と、守備の選手としての手応えを口にした。

攻撃に関しては、「ハリル(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督はどちらかというと縦に速いサッカーですけど、それがなかなかできなかった」と振り返る。後半から少しずつ自分たちのペースを取り戻したことについては、「話し合いもしましたし、(川又)堅碁くんが開いて、(金崎)夢生くんがサイドに流れたり、そういういろんな変化を加えてくれてた」と分析した。

井手口の決勝ゴールをアシストしたMF今野泰幸について問われると、「守備的なボランチで入ったにもかかわらず、結局アシストしているわけで。陽介もそうですし、あの2枚が運動量も含めてボールを刈り取ってくれた。ピンチの芽を摘んでくれたのがあの2人かなと思います」と絶賛する。

また、この試合ではキャプテンマークを巻いて臨んだ昌子。「考えすぎると自分のプレーができないだろうなと思ってた」と明かし、「今日は僕が巻かせてもらいましたけど、本当はコンちゃん(今野泰幸)が適任だと思うし、チーム全員がキャプテンシーを持ってやってくれた」と控えめだ。「長谷部(誠)さんとか(吉田)麻也くんとかが巻いてきたものなので責任があるし、これを毎試合付けているあの人たちはすごいなと思う。そういう気持ちが少しは分かって、選手として成長できたかな」と自信にもつながった様子だった。

次戦は中2日での中国代表戦となる。「メンバーは分からないけど、中2日でももちろん準備はする」と意気込みは十分。「例えば、今日出た人が次出なくて、自分のポジションに違う人が入っていいプレーをしたら、危機感や競争意識が生まれると思う。その中で今日、最後に点を決めた時にみんなが、ベンチも含めて喜んでくれた。競争がある中でチームの一体感が出せてるというのは、集合が短かった中ではいい反応だったと思います」と結束力の高さを強調した。

SAMURAI BLUE ヨーロッパ遠征(3/19~3/27)酒井宏樹選手 不参加のお知らせ

SAMURAI BLUE ヨーロッパ遠征(3/19~3/27)酒井宏樹選手 不参加のお知らせ

3月19日(月)から27日(火)までヨーロッパ遠征を行う SAMURAI BLUE(日本代表)において、DF酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ)が怪我のため不参加となりましたのでお知らせします。

SAMURAI BLUE ヨーロッパ遠征(3/19~27)不参加選手

酒井 宏樹(SAKAI Hiroki/サカイ ヒロキ)
DF 所属:オリンピック・マルセイユ 理由:怪我のため

本田圭佑の“集大成”へ向けて…逆境乗り越え半年ぶりに日本代表に復帰した理由

約半年ぶりに日本代表へ招集された本田圭佑。メキシコで輝く31歳に、ハリルホジッチ監督が求めることとは。

「ケイスケにはチャンスを掴んで欲しい」

日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、約半年ぶりに代表に戻ってきたFW本田圭佑について奮起を促している。

日本サッカー協会(JFA)は15日、ベルギー遠征に臨む日本代表メンバーを発表。リーガMXのパチューカでプレーする本田圭佑が、2017年9月のW杯アジア最終予選以来約半年ぶりに代表復帰を果たした。

■“集大成”のロシア大会へ

それでも、何度も逆境を乗り越えてきた男は諦めなかった。

12月には、北中米カリブ海王者としてクラブ・ワールドカップに参戦。世界最高峰の舞台で経験を重ねると、年明けから圧巻のパフォーマンスを披露する。

1月7日のリーガMX後期リーグ開幕戦でいきなり得点を奪うと、10試合で4ゴール5アシストを叩き出した。出場した10試合はすべて先発出場、さらに右サイドやトップ下、1トップなど多くのポジションで起用され、チームの絶対的なエースに君臨したのだ。

本田の招集について、ハリルホジッチ監督は「単純に良いプレーをしている」と語り、求める役割を語っている。

「得点をとらせる役割ですね。FWですけど、守備も大事。日本がどういったプレーを目指すか、選手には配っています。私自身、本大会でどういうプレーするのかわかっていますし、各選手も私と同じく把握しているはずです。攻撃と守備のところは選手の能力にもよりますが、しっかり把握していると思います。規律のところで厳しい要求をしていますが、選手はそれを理解している」

「FWに関しては、まず得点をとるということ。いつも降りてきてボールを受けるのではなく、相手の背後を狙って欲しい。そういったことを圭佑や中島に要求したい」

本田は、自らの実力を結果という形で証明し、代表に戻ってきた。

ハリルホジッチ監督も、「ケイスケはずっと追跡し続けているが、チャンスを掴んでほしい」と奮起を促している。

メキシコで真価を発揮する31歳のFWは、指揮官の期待通り本大会でも躍動することは出来るだろうか。自身が“集大成”と位置づけるロシアW杯へ向け、本田の新たな戦いが幕を開ける。

W杯過去の優勝国と日本代表過去の成績

W杯過去の優勝国一覧

1930年ウルグアイW杯

優勝:ウルグアイ
得点王:ギジェルモ・スタービレ(アルゼンチン)

1934年イタリアW杯

優勝:イタリア
得点王:オルドリッヒ・ネイエドリー(チェコスロバキア)

1938年フランスW杯

優勝:イタリア
得点王:レオニダス(ブラジル)

1950年ブラジルW杯

優勝:ウルグアイ
得点王:アデミール(ブラジル)

1954年スイスW杯

優勝:西ドイツ
得点王:シャンドール・コチシュ(ハンガリー)

1958年スウェーデンW杯

優勝:ブラジル
得点王:ジュスト・フォンテーヌ(フランス)

1962年チリW杯

優勝:ブラジル
得点王:フローリアン・アルベルト(ハンガリー)、バレンティン・イワノフ(ソ連)、ドラゼン・イェルコビッチ(ユーゴスラビア)、レオネル・サンチェス(チリ)、ババ(ブラジル)、ガリンシャ(ブラジル)

1966年イングランドW杯

優勝:イングランド
得点王:エウゼビオ(ポルトガル)

1970年メキシコW杯

優勝:ブラジル
得点王:ゲルト・ミュラー(西ドイツ)

1974年西ドイツW杯

優勝:西ドイツ
得点王:グジェゴシ・ラトー(ポーランド)

1978年アルゼンチンW杯

優勝:アルゼンチン
得点王:マリオ・ケンペス(アルゼンチン)

1982年スペインW杯

優勝:イタリア
得点王:パオロ・ロッシ(イタリア)

1986年メキシコW杯

優勝:アルゼンチン
得点王:ガリー・リネカー(イングランド)

1990年イタリアW杯

優勝:西ドイツ
得点王:サルバトーレ・スキラッチ(イタリア)

1994年アメリカW杯

優勝:ブラジル
得点王:オレグ・サレンコ(ロシア)、フリスト・ストイチコフ(ブルガリア)

1998年フランスW杯

優勝:フランス
得点王:ダボル・シュケル(クロアチア)

2002年日韓W杯

優勝:ブラジル
得点王:ロナウド(ブラジル)

2006年ドイツW杯

優勝:イタリア
得点王:ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)

2010年南アフリカW杯

優勝:スペイン
得点王:トーマス・ミュラー(ドイツ)

2014年ブラジルW杯

優勝:ドイツ
得点王:ハメス・ロドリゲス(コロンビア)

日本代表のW杯成績

1998年:グループリーグ敗退(フランス)

0-1アルゼンチン
0-1クロアチア
1-2ジャマイカ(得点:中山雅史)

2002年:ベスト16(日韓)

2-2ベルギー(得点:鈴木隆行、稲本潤一)
1-0ロシア(得点:稲本潤一)
2-0チュニジア(得点:森島寛晃、中田英寿)
決勝トーナメント一回戦
0-1トルコ

2006年:グループリーグ敗退(ドイツ)

1-3オーストラリア(得点:中村俊輔)
0-0クロアチア
1-4ブラジル(得点:玉田圭司)

2010年:ベスト16(南アフリカ)

1-0カメルーン(得点:本田圭佑)
0-1オランダ
3-1デンマーク(得点:本田圭佑、遠藤保仁、岡崎慎司)
決勝トーナメント1回戦
0-0パラグアイ

2014年:グループリーグ敗退(ブラジル)

1-2コートジボワール(得点:本田圭佑)
0-0ギャりシャ
1-4コロンビア(得点:岡崎慎司)

以上は、W杯過去全大会の優勝国と日本代表のW杯成績一覧。2018 FIFA W杯ロシア大会の情報も次々と更新します。ぜひご覧ください!

日本代表メンバー発表、中島翔哉をついに初選出(18/3/15)

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、3月に行われる国際親善試合に向けた代表メンバーを発表した。

日本は今月23日(金)にマリと、27日(火)にウクライナとそれぞれベルギーで対戦する。

GK:

川島 永嗣 / Eiji Kawashima
(メス/FRA)

中村 航輔 / Kosuke Nakamura
(柏レイソル)

東口 順昭 / Masaaki Higashiguchi
(ガンバ大阪)

DF:

酒井 宏樹 / Hiroki Sakai
(マルセイユ/FRA)

遠藤 航 / Wataru Endo
(浦和レッズ)

長友 佑都 / Yuto Nagatomo
(ガラタサライ/TUR)

車屋 紳太郎 / Shintaro Kurumaya
(川崎フロンターレ)

宇賀神 友弥 / Tomoya Ugajin
(浦和レッズ)

昌子 源 / Gen Shoji
(鹿島アントラーズ)

植田 直通 / Naomichi Ueda
(鹿島アントラーズ)

槙野 智章 / Tomoaki Makino
(浦和レッズ)

森重 真人 / Masato Morishige
(FC東京)

MF:

長谷部 誠 / Makoto Hasebe
(フランクフルト/GER)

三竿 健斗 / Kento Misao
(鹿島アントラーズ)

山口 蛍 / Hotaru Yamaguchi
(セレッソ大阪)

大島 僚太 / Ryota Oshima
(川崎フロンターレ)

柴崎 岳 / Gaku Shibasaki
(ヘタフェ/ESP)

森岡 亮太 / Ryota Morioka
(アンデルレヒト/BEL)

FW:

久保 裕也 / Yuya Kubo
(ヘント/BEL)

本田 圭佑 / Keisuke Honda
(パチューカ/MEX)

原口 元気 / Genki Haraguchi
(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/GER)

宇佐美 貴史 / Takashi Usami
(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/GER)

中島 翔哉 / Shoya Nakajima
(ポルティモネンセ/POR)

小林 悠 / Yu Kobayashi
(川崎フロンターレ)

大迫 勇也 / Yuya Osako
(ケルン/GER)

杉本 健勇 / Kenyu Sugimoto
(セレッソ大阪)

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください