日産ノート e-power

手頃な200万円台という価格ながら、他のコンパクトカーとは違うことを実感できるのが日産のe-powerシステムです。

価格帯は190万~240万円

  1. e-power s 190万
  2. e-power x 196万
  3. e-power メダリスト 240万

日産ノートe-powerは日産しかない独自のメカニズムなので、「安売りしてまで売りたくない。」という現場の意識が強くて10万円引きでストップするケースが目立ちます。

交渉の秘訣はトヨタアクアやヴィッツハイブリッド、ホンダフィットハイブリッドをガンガンぶつけていくことです。

経営の異なる日産の販売店がある地域や隣県に越境できるならノート同士の争いに持ち込むのも得策です。

気になる値引き額ですが、車両本体と付属品の値引き合計が20万円前後になったら合格で、25万円オーバーなら文句なしの特上クラスです。

ノート e-power 値引き

肝心の納期は改善されてきましたが、e-powerメダリストに関しては2カ月待ちという待たされている状態です。

e-powerの操作性
数あるハイブリッド車の中でもノートe-powerが最も電気自動車の走りが味わえます。

モーターならではのパワフルな加速は他のコンパクトカーではなかなか味わえないレベルで、走りに拘っているユーザーにはe-power nismoを選ぶという方法もあります。

強いエンブレ回生までアクセル操作で制御できる1ペダルドライブも売り物にしていますが、これは油圧回生協調ブレーキ非採用の苦肉の策とも言え、操作性も慣れが必要です。

ただ、そういった面も含めて、他のクルマと違っていると実感できるのが日産ノートの大きな個性です。

ノートe-power 室内

残念ながら日産自慢のプロパイロットは採用されていませんが、ACCは選択できますので、でいればOP設定されているグレードX以上が狙いです。

内外装のプレミアム感を高めたいのならメダリストが魅力的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です