北朝鮮に辛勝も日本代表DF昌子源「結果ゼロというのは大きな数字」と無失点に胸を張る

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールで1-0と日本が辛くも勝利を収めた。試合後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)が苦しんでもぎ取った勝利を振り返った。

試合中、北朝鮮代表は徹底的に引いて守り、ロングボールでのカウンターを狙い続けた。昌子は「あそこまで徹底されると、言い方は悪いですけど、そこまで強くない相手が強くなるサッカーだと思うんですよ。僕らもずっと一緒にやってきたメンバーじゃない中で、今日は(中村)航輔がすごいビッグセーブで防いでくれて。ピンチもあったけど、結果ゼロというのは大きな数字だったなと思います」と、守備の選手としての手応えを口にした。

攻撃に関しては、「ハリル(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督はどちらかというと縦に速いサッカーですけど、それがなかなかできなかった」と振り返る。後半から少しずつ自分たちのペースを取り戻したことについては、「話し合いもしましたし、(川又)堅碁くんが開いて、(金崎)夢生くんがサイドに流れたり、そういういろんな変化を加えてくれてた」と分析した。

井手口の決勝ゴールをアシストしたMF今野泰幸について問われると、「守備的なボランチで入ったにもかかわらず、結局アシストしているわけで。陽介もそうですし、あの2枚が運動量も含めてボールを刈り取ってくれた。ピンチの芽を摘んでくれたのがあの2人かなと思います」と絶賛する。

また、この試合ではキャプテンマークを巻いて臨んだ昌子。「考えすぎると自分のプレーができないだろうなと思ってた」と明かし、「今日は僕が巻かせてもらいましたけど、本当はコンちゃん(今野泰幸)が適任だと思うし、チーム全員がキャプテンシーを持ってやってくれた」と控えめだ。「長谷部(誠)さんとか(吉田)麻也くんとかが巻いてきたものなので責任があるし、これを毎試合付けているあの人たちはすごいなと思う。そういう気持ちが少しは分かって、選手として成長できたかな」と自信にもつながった様子だった。

次戦は中2日での中国代表戦となる。「メンバーは分からないけど、中2日でももちろん準備はする」と意気込みは十分。「例えば、今日出た人が次出なくて、自分のポジションに違う人が入っていいプレーをしたら、危機感や競争意識が生まれると思う。その中で今日、最後に点を決めた時にみんなが、ベンチも含めて喜んでくれた。競争がある中でチームの一体感が出せてるというのは、集合が短かった中ではいい反応だったと思います」と結束力の高さを強調した。