アルゼンチン代表、“3色”を強調した新アウェイユニフォームをお披露目

ヘラルド・マルティノ監督率いるアルゼンチンは28日、エルサルバドルとアメリカのワシントンで対戦。スコアレスで折り返した試合は後半、アルゼンチンが相手のオウンゴールで先制すると、遅咲きのMFフェデリコ・マンクエージョが見事なFKを決め、エースのリオネル・メッシを欠く中で2-0の勝利を収めた。

またこの試合では、今年チリで開催されるコパ・アメリカ2015に向けたアルゼンチンの新しいアウェイユニフォームもお披露目されている。

argentina-2015-16-adidas-away

Argentina 2015-16 adidas Away

ドイツとの決勝戦でも使用したブラジルW杯モデルは、青のグラデーションが印象的だったアルゼンチンのアウェイ。

今回は紺を基調とした渋めのデザインで、袖口に濃紺を配置。

argentina-2015-16-adidas-away

また裾部分にはadidasの2015-16モデルらしく、アルゼンチンを象徴するセレステ・イ・ブランコ(空色と白)のボーダーが入れられている。

argentina-2015-16-adidas-away

紺・白・空色という3色のソックスがかなり新鮮だ。ちなみに、少し前に発表された新しいホームユニフォームはこちら。

argentina-2015-16-adidas-away

アルゼンチンは31日、今度はニューヨークでエクアドルと対戦する。